top of page

口腔カンジダ症 (oral candidiasis)

カンジダ属(主にCandida albicans)による日和見感染


臨床事項

  • 内因は年齢、口腔乾燥症や全身疾患、外因は薬物、義歯の装着および不衛生など

  • 分類 ① 急性偽膜性カンジダ症(鵞口瘡); ぬぐい去ることが可能な白色の“ミルクかす状”偽膜形成 ② 慢性肥厚性カンジダ症; 不規則な厚さの白板症様の病態を特徴とし、白板症との区別が困難

  • AIDS患者の口腔に発現

病理組織所見

  • 急性偽膜性カンジダ症 ① 上皮は炎症性の過形成性 ② 菌糸と芽胞が上皮表層に侵入、しばしば上皮内微小膿瘍形成

  • 慢性肥厚性カンジダ症 ① 上皮表層は錯角化を呈し、上皮層は肥厚 ② 菌糸は、上皮表層に対してほぼ垂直に侵入 ③ カンジダはPAS反応で明瞭化

📷:白板症,義歯性口内炎


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月

4周年

4月

Commentaires


bottom of page